Evernoteがまた改悪?!移行先をさがしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Evernoteの規約が「またもや」改悪されたのを、
たまたま!ほんとにたまたま久しぶりに
開いたツイッターで知ったので、
エバーノートの移行先を検討していました。

まずご存じない方にEvernote規約の
ドコが改悪なのかというとですね

エバーノートの前回の改悪内容といえば

  • 無料プランでの同時使用2台制限
  • ノートブックをメールで添付できない
  • 有料プランの値上げ

このときホント残念でした。

なぜなら自宅PC、iPhone、iPad、アンドロイド、
アンドロイドタブレットすべてエバーノートを使用していたから。

このときの改悪からPCとスマホでエバーノートを使っていましたが
今度の規約変更ではエバーノート社員が閲覧可能になる。
というのを聞いて正直ちょっと気持ち悪くなりました

エバーノート公式ページ

今回の規約内容の変更

今回の規約変更の大まかな内容としては、
エバーノートを運営するエバーノートコーポレーションの公式ページに・・・

って探してみたんですけどドコに載ってるかワカリマセン・・・
新しい情報なので(?)
日本語ページには掲載されていないようです。

よく調べると英語版ページにしか掲載されていないみたいでした。
日本のユーザーフル無視ですね!英語版の変更内容お知らせのページ

2017年の1月23日から、プライバシーポリシー変更

一部の社員がユーザーのノートを閲覧可能にする。
理由は機械学習を監督するためだそうです。

英語版のフォーラムでも一般ユーザーが反発してるみたいですが、エバーノート側は「ごく限られたメンバーのみ閲覧できるようにする。」

などと供述しており・・・不快感を感じずにはいられません。

そこでエバーノートに代わる
便利なメモ帳に使えそうなウェブサービスを検討してみました。

※プライバシーポリシーの変更を見直し12/24

12月24日にエバーノートのメルマガでこのような内容のメールが配信されてきました。

「詳細はこちら」となっているページのリンク先はこれでした↓

リンク先

とはいえ、端末が2台までしか使えないことに変わりはないので移行を検討してみます。

移行できそうな無料サービスは?

要点:フリーのメモ帳アプリで使いたい機能

  • マルチプラットフォーム対応(iOS・アンドロイド・windows・Mac)
  • 容量に余裕も欲しい
  • ある程度、転送速度も欲しい
  • セキュリティもしっかりしていて欲しい
  • マルチファイル対応(テキスト・画像・動画・WEBクリップ)
  • タグ機能が欲しい

普段使っている機器がわりと多いので
互換性とか使い勝手、セキュリティ面など、
いろいろスペックを要求するくせに
「無料サービス」を希望する貧乏性の管理人です。

  1. メモ(Apple)
  2. Onenote
  3. Google Keep
  4. Notebook
  5. Simplenote

探せば意外とあるもんだなーと思いながら
それぞれのメリット・デメリットなどについても調べてみました。

メモ(Apple) – オールマイティな便利メモ

メモ – Apple

アップル社製のアプリ「メモ」はiPhone・iPadを使う人ならほとんど使ったことのあるメモ帳アプリです。

メモをとるだけでなくチェックリスト(To Do機能)にしたり、アイデアをスケッチして書き留めておけたりとドンドン便利になっていっているアプリです。

windowsでもWEBブラウザで編集できるところが良いんですが、
アップル社製品だけあってアンドロイド版のアプリはリリースされていません

機能的にはブラウザー版で必要十分といったところですが、無料ユーザーは容量に限りがあるのがネックです。

アンドロイドでicloudを開こうとchromeアプリを使いましたが、ブラウザが対応していません。と出て使い物になりませんでした。

画面右上の設定ボタンから「PC版サイトを表示」にチェックを入れると一応見られますが、画面がはみ出ていたり動作がモサモサ遅くはっきり言って使い物になりません。

スマホのスペックが足りないのと、javaスクに頼った仕様だからでしょうか?

とにかくアンドロイドでは使えないのでダメですね。

OneNote – エバーノートを追撃するメモアプリ

Microsoft OneNote
Price: Free

https://www.onenote.com/?omkt=ja-jp

マイクロソフトのメモアプリといえば「OneNote」

Windows以外でも使えるようにクロスプラットフォームを取り入れた無料のメモサービス。

ブラウザ版、Mac、iOS、アンドロイドにも対応しているし、以前のOffice365買わないと使えない。という必要もなくなっています。

前までネックになっていた「音声・動画の記録」「ノートブックへのファイル添付&挿入」も使えるようにアップデートされているのもポイントです。

エバーノートのタグ機能について、大まかなものは「ラベルシール」というのが使えそうです。

※有料版のOneNote2016は別サービスとして稼働していて、こっちはOneDrive以外の場所(ローカルディスクとか)に保存できたりします。

Google Keep – 軽快な付箋アプリ

Google Keep
Price: Free

事務用品などでよく使う「ふせん」と使い勝手が似ているGoole Keep。

さっとメモしたい時やひらめいたその時にすぐに使えて、直感的に操作できるところが今までのGoogleっぽくない感じがします。

直感的なところはアップルのそれ並に使いやすいです。

さらに写真や動画もアップロードできますし、スケッチもOK。ついでに容量も制限なしと凄いスペックです。

もちろんTo Doリスト(買い物リストとか)にも対応。

エバーノートで使ってたタグ機能は「ラベル」というので代用できそうです。

Notebook by zoho – PC未対応がとても残念

https://www.zoho.jp/notebook/

ややカラフルなデザインのメモ帳。

アンドロイドとiOSのアプリ版はあるんで同期できるんですけど、ブラウザ版は見つからないですね。

chrome版も無いのでマルチプラットフォーム対応ではないようです。

PCと連携したい人はまだ不可能です。

Simplenote

Simplenote
Price: Free

https://simplenote.com/

その名の通り「シンプル」のひとことに尽きる白×ブルーのフラットデザインが特徴のシンプルメモ。

シンプルノートの場合はWEBブラウザ版があるのにもかかわらず、マルチプラットフォームの幅が「Linux」まで対応できているところが他のメモと違うところです。

しかし画像とか音声などは保存することができず、テキストのみの対応なのでエバーノートとは全くの別物といった感じ。

サービス別に表でまとめると

メモ

OneNote

GoogleKeep

Notebook

Simplenote

 テキストメモ
 写真
ファイル添付 
手書きメモ 
音声メモ 
リッチテキスト 
チェックリスト 
WEBブラウザ 
タグ機能 ノートシール ラベル
同時端末数 5 3
容量 5GB 5GB 15GB 100MB

現状、じぶんにとって使えるものは「OneNote」で、フォントとか特に気にしない方であれば「Google Keep」が最有力候補なんじゃないでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す