WindowsでもApple wireless keyboardを使い倒したい件。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Apple wireless keyboardはMAC使いにとってとっても使いやすい!しかもデザインがシンプルでカッコいい!剛性もしっかりめで、Bluetoothの無線LAN接続ですけど安物の無線キーボードみたいに途切れたりすることなくサクサクと文字を打つことができるスグレモノです。今回は前のブログでも書いてた「Apple wireless keyboardをWindowsで使う方法」についてもう少し掘り下げた情報をお届けしていきますね!

Windows7でのApple wireless keyboard設定方法

Windows7っていっても32bitと64bitで使うツールが少し変わるんでwindows7使いの方は気をつけて欲しいんですけど、Appleの配布しているMac bootcampのアップデーターからwindows用のドライバーを無理やり抜き出して使えるのはWindows7の32bitバージョンだけみたいで、64bitで試してみたんですがうまく作動しませんでした。。。

Windows7の32bitでApple wireless keyboardを設定していくには

用意するもの

1.zip解凍ソフト(7zipがおすすめ!

2.Bootcampのドライバ(Update2.2)for Windows

この2つを用意しておくだけでOKです。

解凍ソフトのインストールが終わったら、ダウンロードしておいたBootcampのアップデーターからWindows7 32bit用のドライバーをサクっと引っこ抜いてきましょう!ここからはややこしいかもしれないので、図解混じりでご説明させていただきますね↓

bootcamp-apple-wireless-keyboard1

このファイルを7zipで開き、中身を確認します。 bootcamp-apple-wireless-keyboard2

すると中にいくつもファイルが有るんですが、「BootCampUpdate32.msp」ってのを、さらに7zipで開きます。

bootcamp-apple-wireless-keyboard3

またまた無数の設定用ファイル群が出てくるんですけど、この中にある「BootCamp26ToBootCamp227」ってファイルを開きます。 bootcamp-apple-wireless-keyboard4

ここでキーボードの設定ファイルである「Binary.Keyboard_Bin」ってのが出てくるんで、開くんじゃなくって7zipで任意の場所に展開して下さい。 bootcamp-apple-wireless-keyboard5

できれば「ApplewirelessKeyboard」とかわかりやすいフォルダを新規で作っておくと良いとおもいます。 bootcamp-apple-wireless-keyboard6

 

展開した任意の新規フォルダを確認してみると中に「DPinst.exe」というドライバのインストーラーが展開できていればOKです。ダブルクリックしてインストールしていきましょう。

あとはワイヤレスキーボードの電源を入れて、Bluetooth機器の追加(コントロールパネル)からアップルキーボードを追加してあげれば設定完了です!

windows7 64bitの場合のApple wireless keyboard設定方法

64bitのwindows7の場合は32bitのようにドライバーをインストールしてもうまく動作しなかったので、他のツールで使えるようにならないかと試していったところ、3つほどツールが出ていたのでご紹介しておきます↓

1.Apple Wireless Keyboard Helper for Windows

2.Apple Keyboard Bridge

3.AppleKpro

上記の2つは完全フリーのソフトで、バックグラウンドで動作するため、スペックが厳しいWindowsでは重く感じてしまうかもしれません。3つめのソフトは有料ですけど最初の1ヶ月間は試用期間で無料で使うことが出来ます。気に入ったら購入してね!って感じのソフトで管理人も試しに購入してみたんですけどフツーに使えます。音量とかのファンクションキーもFnキーも使えるんで買って後悔はしていないですね(о´∀`о)

1~3とも、インストールしたら設定とか気にしなくても使うことができるんで、ドライバー入れなくてもツールで動けばいいよ。って人はこっちを選んだほうが良いかと。

管理人の場合はイラレとフォトショとかのアドビーソフトのショートカットがまともに動作しなかったんでドライバーで使ってましたが、1.2番はショートカット未対応でした・・・3はフツーに使えたんで、やっぱ有料はすげぇなぁ。と感心した次第です。

今はWindowsをアップグレードして8.1になったんですけど、7と8/8.1は同じライセンスなんで買い替えとかアップグレードも不要でした。無いならないで良いんですけど、音量キーとかEJECTキーがきちんと動作するのは有料のツールだから当たり前といったらそれまでなんですけど(;´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す