今さら聞けない!オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

以前勤めていたデザイン会社で【オンデマンド印刷】と【オフセット印刷】の違いを職場の誰も知らなかったことがあって「あんたたちデザイン屋なんだから・・・」とひとり心のなかでつぶやいてました。

各種業者に完全にボラレなめられていた会社なので仕方のないことかもしれませんが、グラフィックデザイン業務をしている方なら最低限、印刷に関しての常識は抑えておきたいところです。

オンデマンド印刷とは

業務用プリンター(コピー機)で使われているレーザープリントのことで、トナーという粉体を熱で紙に圧着させるプリント方式です。

デジタルデータから直接プリントするため「版」が不要で、小ロットでも単価が安く済むのが特徴というかメリットです。

※オンデマンド印刷なのに『版代』請求してくる印刷会社とは手を切ったほうが良いかもね・・・

4ケタ以上の印刷には不向きですが、スピード印刷できるので種類がたくさんあるような印刷に向いています。

デメリット

  1. 色が安定しづらい
  2. グラデーション・網掛け・ベタ塗り時に色むらができる
  3. 1~2mmのズレができやすい
  4. 細かい文字がにじむ
  5. 紙の厚さ・種類に制限がある
  6. DICカラー指定できない

オフセット印刷とは

油性の顔料インクを使用して印刷するので、原本を作ってブラケットから転写する印刷方式です。※版代がかかります。

CMYKとDICカラーに対応していて、大量に印刷するときに単価が安くなります。名刺とかを印刷するときでも最小ロットが1000枚とかになるのですが、文字がシャープに色も鮮明に仕上がるのが特徴です。

デメリット

  1. 原本(製版)をつくるので小ロットは割高
  2. 納期もわりとかかる

品質で比較すると – まとめ –

明らかにオフセット印刷に軍配が上がるんですが、最近のオンデマンド印刷もかなりクオリティが上がってきています。

で、どういうときにどっちを選択すれば良いのかというと
ザックリですがこんな感じ↓

こだわりを持って印刷物を制作したい
品質優先、高品質な作品などであれば【オフセット印刷】

さっさと作って納期と単価を優先して制作したい
そこまで複雑なデザインでもないし、
とりあえず早く手元に欲しいのであれば【オンデマンド印刷】

と考えておけば間違いないかなと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す