ネット印刷で年賀状を頼んでみた結果【開封の儀】

前回の記事でネットプリントサービス(年賀状本舗)で年賀状を頼んでみたんですが、出稿のところまでで、肝心な商品が届いていなかったのでレビューしていきたいと思います。

年賀状の印刷をするとき

年賀状のプリントはお家のプリンターを使うか、もしくはコンビニなどのコピー機のプリント機能(いちおうこれもネットプリント?)を使ってプリントしてきましたが、今回はじめて年賀状をネットプリント(印刷屋さんにネットで発注)してみたので感想を書きます。

年賀状ネット印刷vsプリンター【安いのどっち】

ちなみに前回の記事はこちら↑

印刷方式にご注意

印刷屋さんで年賀状をプリントする場合注意しておきたいのは印刷方式です。自宅でのプリントはインクジェットが主流ですが印刷業者では「オフセット印刷」や「オンデマンド印刷」が主流です。

今さら聞けない!オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

インクジェットプリンターで面倒なところ

普通の家庭で使うプリンターはインクジェットプリンターですよね。

レーザープリンターは価格が高いし場所も取るし、なんか敷居が高く感じたりします。それにほとんどの家電量販店で勧められるプリンターの機種がインクジェット。

しかし長年の間インクジェットプリンターを使ってきて年賀状のプリントには不向きだと感じました。ちなみに年賀状を作るときに不便に感じた点をいくつかあげておくとすると

  1. なにしろインク交換が大変(手についたらなかなか取れない)
  2. 交換用の純正インクが割高に感じる
  3. 互換インクだと不具合が出る
  4. インク補充タイプは難しすぎる
  5. メーカー記載の表示よりもインクの減りが速い
  6. インクカートリッジ自体が消耗品なのでいずれ買い換えないといけない

ちょっとプリントするぐらいなら、コンビニでプリントできるようになったということも含めると、こんな感じでインクジェットのプリンターは使わなくなりました。

良かったところ・悪かったところ

年賀状をキレイにプリントしたい、さらに手間をかけずに。さらにできるだけ低価格で。欲を言えば高品質に。そんなワガママな感じでネットプリントで注文してみたんですが。。。

やはりプリントの質には「歴然の差」が出ました。

同じデザインでも普通の会社にあるようなコピー機(カラーレーザープリンター)とは全く違い、少しマットな質が非常に高級っぽく見える年賀状に仕上がりました。

ネット印刷にして良かったところ

  1. 思っていたよりも納品が早かった
  2. 格安印刷にしては品質が良い
  3. 年賀状の単価が安くなる
  4. ミスプリントが無いので経済的
  5. 小ロットでも対応してくれる

納品が予想以上に速い

年末になるので印刷業者も忙しくなって、納期には結構かかるんじゃないかと予想していましたが、3日で到着し大満足の結果となりました。今回注文したのは12/21で、商品到着は12/23でした。はやっ!

ネット印刷の年賀状プリント品質が良い

さすが業者。というか当たり前なのかもしれないんですが印刷品質はかなり良いです。家で作るときよりも、コンビニプリントよりも品質は上でした。インクジェットのときのようにテカテカ感もなく、コピー機の時みたいにくすんだ色でもありませんでした。

通常年賀状は52円なのにネット印刷はさらに安い

郵便局で年賀状を買うとインクジェット用とか普通紙用とか52円なんですけど、印刷業者は47円になるそうです。今回頼んだ年賀状本舗はさらに安い45円でした。たくさん年賀状を出すときは間違いなくお得ですね。

テスト・ミスプリントが無いから経済的

自宅でプリントするときやコピー機で印刷する時は「手差しプリント」とか「テスト用」で余計に印刷しないといけなかったり、上下間違えてプリントしてしまったりと、ほぼ毎年プリントミスがありました。

インクももったいないし、年賀状も交換しないといけなくなる手間がゼロになったことで、より経済的に、コスパアップになりました。

ネット印刷の悪かったところ

年賀状のネット印刷がすべて良いというわけではなく、いくつか悪い点もあったので正直に感想を述べますと

  1. ホームページがわかりにくいところが多い
  2. 格安でデザイン入稿できるところが少ない
  3. 会員登録しないと見積もりできないところが多い

ネット印刷業者のホームページについて

ネット印刷業者のホームページは大手を除くと見にくいホームページが多くて、せっかく安くてもわかりにくいため注文のハードルが高かったりします。

しかしながら年末ともなると忙しい事が多いので、どうしてもわかりやすく、見やすいホームページで印刷業者を選択してしまいがちです。が、ホームページのコストを減らし安く作っているので印刷の方も安かったりする

というのをお忘れなく。

デザイン入稿の選択肢が少ない

これは仕方のないことなのかもしれないんですが、ほとんどの年賀状印刷業者が用意しているテンプレートに、オリジナルの文字を入れるような仕様のホームページを作っています。

しかし最近では、年賀状の裏書きを自分で作るのがとても簡単になっているし、タブレットやスマホだけでも年賀状のデザインなんて作れてしまうものですから、完全データ入稿の選択肢を増やしてほしいな。と思いました。

見積もりするには会員登録=面倒

年賀状を作るのに、いくらくらいかかるのか?って事前に見積もりたいのに、名前・メールアドレス・住所・電話番号など入力して会員登録しないといけない印刷業者が多すぎるように感じます。

メルマガ配信して営業をかけたいのかわからないんですけど、パパっと比較したい時には面倒以外ありません。もちろんしなくても良い業者もあるんですが、だいたいそんな登録不要な印刷業者に限って割高だったりしました。

※くまなく業者を見ていないのでその限りではありません。

年賀状本舗で作った印刷品質をレビュー

到着した年賀状を開封してみたところ、同封されているのは

  • 年賀状の入った箱(ちょっとオシャレ)
  • メッセージカード
  • テストプリント用はがき(宛名用)×2
  • 予備の年賀状(縦×2、横×2)
  • クリスマスカード(縦2種類)

今回すべての年賀状に宛名書きを依頼していなくって、少し余分に発注をかけていました。なので宛名を自分でプリントするようにテストプリント用(宛名用)はがきを同封してくれました。

発注した時はクリスマスまでまだ日があったのでクリスマスカードを2枚同封してくれたようですね。

これらの年賀状・クリスマスカードは切手を貼れば普通に投函できるタイプのポストカードでしたが、宛名を印刷するときのテスト用ハガキは便利なのでとても良かったです。

年賀状の印刷品質について

価格が安いし、そこまで大量ロットではないので、年賀状本舗は【オンデマンド印刷】らしいのですが、品質はくすんだ感じになっておらず、少し光沢を残したマット調でした。

これなら写真の印刷でもぜんぜん大丈夫だと感じるくらい高品質です。(印刷のプロなので当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが)

オンデマンド印刷で心配だった

  • 発色の安定度
  • グラデーション時の色ムラ
  • 印刷ズレ
  • 細かいデザインの“にじみ”

まったく問題なしでした。

来年も依頼する予定なので値上げは勘弁してほしいですね~

今回頼んだ印刷屋さんはこちらから↓

年賀状本舗

SNSでもご購読できます。

コメントを残す