年賀状をネット印刷するコストvsプリンターでの自作

去年までは年賀状の印刷は自宅のレーザープリンターで印刷してたのですが、

今年は試しに外部の印刷屋さん(流行りのネット印刷サービス)で
宛名も裏書きもしてもらうことにしました。
※ちなみに年賀状も印刷屋で購入

して肝心な年賀状のコストや納期はどうなったのか!
検討して比較した結果をご紹介していきます。

あとで気づいたんですけど裏書きのデザインをネット印刷のテンプレートなどで作るのであればもっと安かった・・・

年賀状を印刷する価格

今までは宛名も表書きも自宅のレーザープリンターで印刷してみたり、
インクジェットで印刷したり、宛名だけ印刷して
裏書きを印刷屋に持ち込んだりとしていました。

そこで今年は全部印刷屋でするといくらかかるのか?
というのを実際に試してみることにしてみました。

裏書き


インクジェットプリンター、モノクロレーザープリンター、
カラーレーザープリンター(業務用コピー機)と試してきましたが、

今回は印刷屋さんのオンデマンド印刷で制作してみました。

うちでは毎年写真素材を使っていなかったので、
オンデマンド印刷で十分なクオリティに仕上がります。

もしも印刷する素材が写真などの画像データの場合だと、
オンデマンド印刷は品質に満足できないんじゃないかな~と思います。

宛名書き


宛名書きは当ブログでもご紹介している
専用ソフトを使うことで簡単に印刷することができます。

でもインクジェットだと印刷コストが気になるので
モノクロレーザープリンターで印刷していました。

ちなみにこの機種↓

年賀状の印刷コストを比較してみた


裏書きをフルカラーとして、宛名書きをモノクロ印刷とした場合に
インクジェットとレーザープリンターで

どれくらいのコストが必要なのか?を調べてみました。

もし年賀状を大量に印刷する場合なら、
ネット印刷などのサービスを利用したほうが
インクジェットよりコストを低く抑えることができ
印刷の質もグンとあがります。

※なぜインクジェットはコスト高なのか書いてます↓

インクジェットの場合コストは?

現在いちばん人気の機種「キャノン ピクサス」を使用したとします。
 

 
標準インクタンク(純正のインク)を使用すると
裏書きに約9.9円、
宛名書きには約1.2円かかるそうです。

詳しくはキヤノン公式サイトをご覧ください
http://cweb.canon.jp/pixus/nenga-cost/index.html

インクジェットプリンターは枚数が多い少ないのは
特に関係ありませんでした

※注意点:
インクジェットの場合はヘッドクリーニング機能があるので
実際にはもう少しコストがかかるので注意

  • 詰め替えインクは失敗率が高い
  • 互換インクは不具合出やすい
  • 純正インクは割高
  • インクヘッドは消耗品(買い換えると本体代並に高い)

レーザープリンターの場合コストは?

今度はレーザープリンターの場合の印刷コストを算出してみます。

現状いちばん人気の機種、NECのマルチライターは
最大A4サイズのレーザープリント可能な最安値モデル。
 

 
ぼくもコレのモノクロ版を自宅で使用しています。

印刷しておきたいデータを手軽に印刷しておけて、
本体価格も安い。なおかつ互換トナーも低価格。

印刷クオリティは読めれば良いかな程度の人には最適だと思います。

メーカーの公式サイトによるとA4サイズの印刷コストは
フルカラーで18.1円、
モノクロプリントで3.3円とあったので、

年賀状のプリントコストはさらに約4分の1サイズなので
フルカラー約4.5円、モノクロだと約0.8円でした。

※注意点:
NECのレーザープリンターの場合、ハガキが丸まって出てくるんですよね。

なのでまだハガキが温かいうちにMAX50枚ぐらいで
巻きぐせを矯正してあげるとほぼ真っすぐの年賀状が出来上がります。
“ほぼ”なのでカンペキではなく、ある程度巻きぐせは残ります。

やっぱりA4の文書を印刷するためのプリンターなんで
そこまでの質は求められないもんです。

ネット印刷サービスを使用した場合コストは?

  1. ネット印刷は印刷する枚数+印刷するデザインでコストが変わる。
  2. 印刷屋のテンプレートで印刷するとめちゃくちゃ安く仕上がる

※150枚の年賀状を印刷した場合、テンプレを使うと12,000円以内で収まるけど、
自作のデザインだと15,000円くらいかかるので3,000円割高でした。

今回、そこまで時間もなかったので
こちらのネット印刷サービスを使いました↓

年賀本舗
年賀状ネット印刷

自分で自作したデザインをデータ入稿できて、なおかつ割安。
宛名書きのデータはエクセルのテンプレートをダウンロードして
データ入力して裏書きのデータと一緒にアップロードする

ネット印刷としてはごくごく普通の方法で入稿することができました。

もちろん多くのテンプレートも用意されていて
テンプレを使ったほうが価格も安いです。

年賀状の価格も、郵便局やコンビニで買うのよりも
安く購入できた
のが地味に嬉しかったですね。

なんでも印刷業者用の年賀はがきは特別らしくて、
45円で購入できるんですって。知らなかった~

印刷はカラーレーザープリンター(普通のコピー機)を使うのよりも
格段にクオリティが上がります。

さすがオンデマンド印刷。名刺とかも
ほとんどの業者はオンデマンド印刷ですもんね

年賀状ハガキの価格

通常コンビニとか郵便局で年賀はがきを購入すると52円するんですけど、
印刷業者の年賀はがきだと45円なんです。

100枚単位で出さないといけない個人事業者さんや中小企業は
迷うことなくネット印刷で年賀状を出すべきですよね。

※ディズニー年賀状や日本郵政の絵入り、セレクト年賀状は選択できませんのであしからず。

年賀状100枚印刷する時の差額は?

インクジェットプリンターの場合

裏書き990円+宛名書き120円+年賀状5,200円

合計で6310円

※途中でインクの出が悪くなったり、
ヘッドクリーン時のインク消費が入っていないので
体感的にはもっとインク消費します。

実際にインクジェット使ってて起こった失敗事例:

  • 互換インクを使って不具合が出る(インクがドバー・・・)
  • 途中でかすれてきて年賀状が余計に要る
  • 詰め替えインクが手について取れない

カラーレーザープリンターの場合

裏書き450円+宛名書き80円+年賀状5,200円

合計で5,730円

※ハガキ専用のプリンターじゃない場合、
ハガキ専用のトレイがないと
プリンターの熱でむちゃくちゃカールして出てきます

何十枚にいちどクセを直してあげる必要アリ

実際にレーザープリンター使ってて起こった失敗事例:

  • 手差しでプリントすると紙が詰まったりする
  • トナー圧着時に熱で巻き癖が付く(冷めると直らない)

ネット印刷の場合

100枚での価格は10,932円(税込、送料込)

価格にすると2倍までにはいきませんけど、けっこうしますね(汗)

でも名刺とかチラシをネット印刷でいつも依頼しているので、
印刷業者の高品質さは信用しています。プロですもんね。

今回の業者さんは“はじめまして”なので届くまで少し心配ですけど・・・

  • 印刷ミス無!余分に年賀状を買い足しにいかなくても良い
  • 印刷クオリティが上がる(当たり前か)
  • 毎年恒例のプリンターと格闘しなくて良い
  • 年賀状書かなきゃ!って心配からの早期開放



年賀状ネット印刷

SNSでもご購読できます。

コメントを残す