Apple wireless keyboardをWindowsで使うってばよ

Apple wireless keyboardはテンキー無しのApple製のスタイリッシュなキーボードで、モデルチェンジする必要がないほどの人気を誇るアップルのブルートゥースキーボードです。

このキーボードは使い慣れるのは一瞬ですけど、かなり中毒性の高いキーボードでWindowsで使いたいがためにWindowsの設定方法をいろいろと試して、それに合わせてWindowsのbitまで変更したアホな管理人の奮闘を書き記しておきます。

※現在はwindows8.1にて使用しています。

Apple wireless keyboardは初期設定とくにしなくてもWindowsで認識はするんですけど、細かい点(コマンドキーとfnキーと英数・かなキーなど)に関しては気をつけておかないと「どうやればいいのよ・・・」ってなってしまうんで以下を参考にしてみてください。

Apple wireless keyboardのコマンドキーが使えない時はキーを入れ替えてみるべし

Macで使ってるコマンドキーはアップルマークの書いているキーですね。このキーはWindowsに必要ないキーなんで初期の設定ではwindowsキーになっててスタートメニューが出てきたりして使えないんですが・・・MacのコマンドキーはWindowsでいうところの基本的な使い方として、左のシフトキーの上にある「コントロールキー」で代用できるようになっています。

でもね、コントロールキーをいちいち押すのが面倒なのでコマンドキーに割り当ててみたらすんなり使いやすくなるんですよ。なのでまずはこのキーの割当てをしていきましょう。

面倒なコマンド→controlキーの入れ替え設定はツール(フリーソフト)にまかせるべし

regeditっていうWindowsにもともと入っているソフトでレジストリをいじって(パソコンの初期設定的なサムシング)キーの割当をやっちゃうって方法もあるんですけど、ミスるとWindows自体が起動しなくなってOS自体を再インストールしないといけなくなるのが怖いので、フリーソフトでレジストリをキーボードの仕様を見ながら変更できる便利なフリーソフトを発見しました。

Change Keyってフリーソフトなんですけどそのまんまなネーミングですね。実に使いやすいです。
→Change Keyのダウンロードはこちらから

iOS用の特殊コマンドでもかなと英数は使える

「かなと英数の切り替え」をMacでするならスペースキーの両サイドのボタンで使えていましたが、Windowsだとうまく認識しません。

実はコレ、とくに設定してなくても「スペースキー+コマンドキー」で切り替えることができます。iPhoneとかiPadでBluetoothキーボードを使うときは

いつも「スペースキー+コマンドキー」で使いますから、その機能がWindowsでも使えるようになっているみたいですね。意外に便利ですコレ。

でもfnキーとかejectキー、ファンクションキーでの細かい機能は初期設定やドライバーのインストールだけでは不十分なんで有料のAppleK Proを導入してみました!AppleK Proはこちら「有料ですよ~」

早速インストールして(※win7~8.1まで。2年ほど)使ってますが実に使いやすいんでとても快適にタイピングできるし、細かい設定項目もあって満足いく感じになりました。

今後はなんとかフリーでも完璧に代用できるよう、設定していきたいです(;´∀`)

ちなみにWindows7でのフリーソフトで設定!はこちらの記事もご覧になってみてください!↓

>>WindowsでもApple wireless keyboard使い倒したい件。